出発前の準備
小歩危周辺の気候
小歩危周辺の天気は場所によって大きく変わります。ある所は警報が出るくらい大雨が降っていても、ある所は雨が降った形跡すらないってことが多々あります。夏は、日中は暑くてラフティングには最高です。夜は、都市部に比べまわりに自然が多いので、暑苦しさは感じないと思います。夏場は、ラフティングした後に、近くのキャンプ場などで宿泊されたらどうでしょうか!
ご用意いただく物
  • タオル
  • 水着
  • 濡れてもいい靴
    ※クロックスやビーチサンダル等かかとのしっかり固定できないものは×
  • Tシャツ・短パン(夏季)
  • 日焼け止め(夏は必需品)
  • シューズ(300円にてレンタルあり) 
  • めがねバンド(100円にてレンタルあり)
  • ゴーグル(100円にてレンタルあり)
当社準備物
  • ヘルメット
    あらゆるアクシデントから頭を守ります。
  • ライフジャケット
    浮力を持ったジャケットです。川に落ちてしまった時に勝手に浮かべてくれるありがたいジャケットです。
  • ウェットスーツ
    進入してきた水を自分の体温で温め、スーツをやわらかく保つスーツです。擦り傷などの予防にもなります。
  • パドル
    漕ぐための道具です
夏のウェア
★ 夏の服装
小歩危の夏はとても暑いのですが、吉野川の激しさから身を守るために、ウエットスーツの着用をお願いしています。ウエットスーツを着ることによって、足の部分がカバーされ、擦り傷等から体を守ります。 また、水温も他の川に比べると冷たいので、1日遊んでいると、体も冷えてしますので、そのことからもウエットスーツを着ていただいています。

★ 着替え
ラフティングでは川で泳いでいただいたりするので、ウエットスーツの下に着ているTシャツ短パンはびしょ濡れになってしまいますので、帰りの着替えもお忘れないようにしてください。
春秋のウェア
★ 春・秋の服装
春夏はTシャツ・短パンの上に保温の為、ウエットスーツを着ていただきます。それでも寒い人には、パドリングジャケットと呼ばれる、カッパのようなものもご用意いたしますのでご安心ください。

★ 着替え
ウエットスーツは水分を自分の体温で温めスーツを暖かく保つスーツなので、スーツの下は濡れてしまうので着替えお持ちください。
※ ウエットスーツの下に着るTシャツは速乾性のいい科学繊維のものを着てください。綿製品のものは水分を吸収し体温低下につながるためです。